梅雨に起こる身体の不調|

「さくらリバース治療院 瑞穂」名古屋市・瑞穂区|ほねつぎ・マッサージ・はり・きゅう・整体・アロマ・インソール療法・メディカル美容

「ブログ」

背景画像

梅雨に起こる身体の不調

 

こんにちは!

 

さくらリバース瑞穂院の小坂です。

 

この頃暑い日が続いておりますが今回はもうすぐ6月ということで梅雨に起こりやすい身体の不調についてお話しします。

 

梅雨の時期に限らず、人間の心と身体は1年中、さまざまな気象ストレスを感じているといいます。

 

特に梅雨時期は気圧が低く、湿度が高い状態が長期間続きます。

 

雨も多く、日照時間も減少する上に、日によっては寒暖差も大きくなり、そのため1年で最も気象ストレスが多い時期であると言えます。

 

実際に身体の不調を訴える方のうち1年の中で6月から7月にかけてが約35%と1番多いという分析結果も出ているくらいです。

 

梅雨時期に起きる不調の原因とは

 

梅雨時期に起きる心や身体の不調の主な原因は2つあります。

 

複合的な気象ストレスによる自律神経の乱れと水分バランスの乱れ=湿邪(しつじゃ)で、この2つの乱れが梅雨入りから梅雨明けまで続くため、だるさやイライラ、肩こり、むくみといったさまざまな不調が現れるのだといいます。

 

「梅雨だるを解消するポイントは、気象ストレスによって生じる”自律神経の乱れ”と”水分バランスの乱れ”を整えること」です。

 

また、日中は交感神経が優位に、夕方から夜にかけては副交感神経が優位になるような行動を意識的にとって、食事のバランスや睡眠から自律神経のリズムを整えることも大事です。

自律神経改善にツボも効果的です

 

体内にたまってしまった水分や老廃物の排出を促す足の“除湿ツボ”を刺激し、効率的に体内除湿をすることも有効です。

 

当院でも鍼灸を用いて全身の調整や自律神経の乱れを整えるための治療を行っております。

 

 

実際に自律神経の乱れから色々な症状の方が患者様として来院されますが何ヶ月か治療をすると沢山の人が良くなったと実感し喜ばれます。

 

さらに治療だけではなく日常生活で気をつけるポイントやご自身の自宅で簡単にできるツボ押しやお灸などをお教えすることもできます。

 

これから梅雨に入り体調の不良を感じた際には是非一度ご相談下さい。

 

 

[今回のまとめ]

・身体の不調は一年の中で6月から7月にかけてが1番多い。

・梅雨に起こる身体の不調は自律神経の乱れが原因でなることが多い。

・自律神経の乱れは鍼灸を用いて治療ができる。

・自律神経の乱れからの身体の不調はご自身でのセルフケアも大事。

 

各種保険取り扱い

・住所

名古屋市瑞穂区佐渡町1-23-1

・アクセス

◆地下鉄:桜通線「瑞穂区役所」1番・2番出口より徒歩1分
◆市バス:瑞穂区役所バス停より徒歩1分

・駐車場完備

【駐車場12台完備+提携駐車場】

・施術時間

平 日/8:30 ~20:00
土 曜/8:30~18:00
休診日/日曜・祝日

瑞穂ご予約電話052-852-6789

最近の「ブログ」
「ブログ」カテゴリ

ご予約・お問合せはお電話で

【ご予約優先】ご予約・お問合せはお電話でお気軽に。
TOP