辛い生理痛!改善するにはどうしたら??|

「さくらリバース治療院 瑞穂」名古屋市・瑞穂区|ほねつぎ・マッサージ・はり・きゅう・整体・アロマ・インソール療法・メディカル美容

「ブログ」

背景画像

辛い生理痛!改善するにはどうしたら??

こんにちは!
さくらリバース治療院瑞穂の鍼灸師の大場です!

今回は生理痛についてお話しさせて頂きます!
生理痛といっても人によって腹痛、吐き気、めまい、腰痛や頭痛など色々な症状がありますよね。
男性は一生経験することはないでしょうが、生理痛に悩む女性って本当に多いですよね?
ではそもそも生理って何?生理痛ってなぜ起きるの??ということをお話ししていきます!

1.生理って何?
女性は赤ちゃんが産める体になると赤ちゃんを産むための準備をするようになります。
それは排卵が起こりいつ赤ちゃんが来ても大丈夫なように子宮内に赤ちゃんのベッドを作り、その上に卵子を待機させる働きです。
この赤ちゃんのベッドを約2週間かけて子宮内に作ります。
そして卵子が受精することなく死んでしまった際に不要となったベッドが剥がれおち、また新しいものを作ろうとします。
この赤ちゃんのベッドが剥がれ落ちて排出されることが生理といいます。
そしてベッドが子宮から排出されるときに起きる様々な原因によって生理痛は引き起こされます。

 

2.生理痛ってなぜ起きるの?
①子宮を収縮させる「プロスタグランジン」の過剰分泌
妊娠をしなかった場合不要になったベッドを体外に排出しようとする際子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが分泌されています。
このプロスタグランジンは子宮を収縮させる働きがあり、子宮を収縮させることで不要になったベッドを血液と一緒に体外に押し出そうとします。
しかしこのプロスタグランジンの分泌量が多いと必要以上に子宮が収縮してしまい生理痛の原因になってしまいます。

 

②子宮の発達が未熟
子宮が未成熟だと子宮の出口が硬く狭い状態になっています。
そのような場合より強く子宮を収縮させて血液とベッドを排出させようとするため痛みが起こります。
このような場合は子宮が成熟したり、出産を経験することによって子宮の出口が広がるため生理痛が軽減する場合があります。

 

③冷えやストレスなどによって血行が悪い
女性は冷え性の方が多いのでこれが原因になっている女性は多いかもしれないですね!
血行が悪くなっていることでも生理痛って起こるんです。
人間は体が冷えてしまうと血行が悪くなります。またストレスが溜まっている場合もホルモンのバランスが崩れ血行が悪くなってしまいます。
そして血行が悪くなると骨盤内の血流が不足してしまい、子宮や卵巣が正常に働かなくなってしまい生理痛を悪化させます。

 

それでは生理痛はどのようなことをすれば症状が軽減できるのでしょうか??
①冷えを予防し血行を良くする
②食生活を改善する
③運動不足を解消する

 

①冷えを予防し血行を良くする
冷えが生理痛の原因になることは先ほどお話ししました!
では具体的にどのようなことを気を付ければいいのでしょう?
まず基本的には冷やさないことが大事になります。薄着をしない、お腹を出さない、夏であればクーラーの風に当たらないようにするなどです。
また腹巻などで腰回りを暖めたり、シャワーではなくしっかり入浴するようにするなども大切です。

 

②食生活を改善する
生理痛の改善に期待ができる食品としては豆製品や穀物などがあげられます。
特に豆製品に含まれている大豆イソフラボンを摂取すると生理痛に効果があると言われているので意識して摂取すると良いでしょう!
また生姜を使った料理もオススメです。体が暖まり冷え性の改善にもつながるので是非取り入れましょう。
ただ冷え性の改善を目的に生姜を摂取する場合は必ず生姜を加熱しましょう!
加熱前の生姜はショウガオールという体を暖めるための成分が得られないので注意してくださいね。

 

③運動不足を解消する
生理痛に限った話ではないですが運動不足の場合体は不調になりやすいです。
運動もあまりハードなものから始めるのではなく、まずはウォーキングから始めるのが良いでしょう。
目標は一日一万歩で少しずつ慣らしていきだんだんと歩数を増やして行きたいですね!
ウォーキングをするうえで一番大事なことは継続することです。
最初は10分でも構わないので楽しんで続けれるようにしましょう。

 

いかがでしたか?ここまでで生理痛を改善するための方法を3つ紹介してきました。ぜひ実践してみてくださいね!
そして次は生理痛を改善するためのツボを紹介していきます!

 

①三陰交
場所は足の内くるぶしの一番高いところから指4本分上にたどった、すねの骨際のくぼみです。
女性疾患でよく使われるのがこの三陰交です。月経痛や不妊症の方などにもよく使われます。

②足三里
場所は膝の外側でお皿の下から指4本分下がった、一番くぼんでいる場所です。
足三里は胃の調子を整える働きもあり、松尾芭蕉もお灸をすえていたそうですよ。

③合谷
場所は手の親指と人差し指の骨が交わる場所から少し人差し指よりにいったくぼみです。
合谷は有名なツボなのでご存知の方も多いかもしれませんね!
万能のツボと言われ生理痛以外にも頭痛、肩こりや歯の痛みなど色々な症状で使われます。

今回は自分で刺激しやすい手足にあるツボを紹介しました。
紹介させて頂いたことを実践して生理痛とおさらばしましょう!

各種保険取り扱い

・住所

名古屋市瑞穂区佐渡町1-23-1

・アクセス

◆地下鉄:桜通線「瑞穂区役所」1番・2番出口より徒歩1分
◆市バス:瑞穂区役所バス停より徒歩1分

・駐車場完備

【駐車場12台完備+提携駐車場】

・施術時間

平 日/8:30 ~12:30・15:00~20:00
土 曜/8:30~18:00
休診日/日曜・祝日

瑞穂ご予約電話

052-852-6789

LINEで送る

最近の「ブログ」
「ブログ」カテゴリ

ご予約・お問合せはお電話で

【ご予約優先】ご予約・お問合せはお電話でお気軽に。
TOP