もうすぐゴールデンウィーク~夏野菜で体の冷えに注意~|

「さくらリバース治療院 瑞穂」名古屋市・瑞穂区|ほねつぎ・マッサージ・はり・きゅう・整体・アロマ・インソール療法・メディカル美容

「ブログ」

背景画像

もうすぐゴールデンウィーク~夏野菜で体の冷えに注意~

こんにちは!!

名古屋市瑞穂区にある「さくらリバース治療院 瑞穂」の鍼灸師の古橋です(^0^)/

皆さんは、もうゴールデンウィークの計画はたてましたか??

私は、GWの前半に趣味の釣りに行こうと思っています。

いつも船で沖に出て釣りをするんですが、今の季節は30~40cmのマアジやマサバがよく釣れているようです。

釣りたてのアジの刺身は最高で、お酒が進むし、ついつい食べ過ぎてしまいます。

いくら新鮮とはいえ、刺身を大量に食べてしまい、お腹を壊してしまったことが多々あります。

それはなぜでしょうか??


~夏野菜で体の冷えに注意~

東洋医学では、刺身などの生ものは、摂りすぎると身体の中から冷やしてしまい、胃腸などの内臓の働きが低下してしまうと言われています。

刺身以外にも、生野菜なども身体を冷やす作用があります。

また、野菜にはそれぞれ春野菜や夏野菜などの「旬」の季節があります。

この「旬」というのは、ただその野菜が美味しい季節という意味だけではなく、東洋医学的には別の意味もあります。

夏の野菜は、火を通さずに生のまま食べるものが多く、冬の野菜は火を通さないと食べれないものも多くあります。

冷え症やむくみ、胃腸の調子が悪いなど、生野菜にご注意ください

夏の暑い季節は、身体の中にこもった熱を冷まさないといけません。

そこでトマトやキュウリなどを生で食べることで身体の熱を冷ますというのが夏野菜の働きです。

扇風機やエアコンのない時代の人達にとって、夏の暑さ対策の一つだったそうです。

しかし現代では、季節に関わらず年中野菜は出回り、冷暖房設備も整っている環境で、季節に関係なく夏野菜を食べ過ぎてしまうと身体が冷えて体調を崩す原因になります。

 

健康やダイエットのために野菜サラダを食べる習慣がある人は少なくないと思います。

もしかしたら、冷え症やむくみ、胃腸の調子が悪いなどの症状にお困りの方は、生野菜や生ものを食べ過ぎているかもしれません。

当然、冷たい飲み物の飲みすぎもいけません。

 


ゴールデンウィーク中の暴飲暴食にはくれぐれも気をつけてくださいね!!

では良い休日をお過ごしください(^0^)/

各種保険取り扱い

・住所

名古屋市瑞穂区佐渡町1-23-1

・アクセス

◆地下鉄:桜通線「瑞穂区役所」1番・2番出口より徒歩1分
◆市バス:瑞穂区役所バス停より徒歩1分

・駐車場完備

【駐車場12台完備+提携駐車場】

・施術時間

平 日/8:30 ~12:30・15:00~20:00
土 曜/8:30~18:00
休診日/日曜・祝日

瑞穂ご予約電話052-852-6789

最近の「ブログ」
「ブログ」カテゴリ

ご予約・お問合せはお電話で

【ご予約優先】ご予約・お問合せはお電話でお気軽に。
TOP